第18回テニスフォーラム

■今大会の内容■
日時:2017年12月2日() 3日(
会場:大阪体育大学(N号館およびテニスコート,体育館)
大阪府泉南郡熊取町朝代台1番1号

テーマ『 ジュニアの普及・育成を考える! 』
【研修ポイント】
公認スポーツ指導者研修ポイント対象 1日間2ポイント,2日間4ポイント
 
当日(2日目)の様子をこちらでご覧になれます!
※再生すると音声が流れますので、ご留意ください。
講習で用いた資料をダウンロードすることができます!
※資料の著作権は講師の方々にありあす.
ご自身で閲覧するだけにとどめて頂き,無断で使用・転載などしないようお願いします.
 
講習内容

1日目:12月2日(土)

(1)アプリを活用したインスタントフィードバック指導の実践
9:30〜11:00(体育館)
講師:佐藤哲史(株式会社Sports Multiply、日本体育協会AT)
 
(2)テニスの競技動作を洗練するための機能的なアプローチ(理論&実技)
理論編 11:10〜12:10(N号館 N201講義室)
実技編 13:10〜14:30(テニスコート)
 
講師:魚田尚吾(大阪体育大学、日本体育協会AT)
(3)将来を見すえてジュニア期に習得すべきテクニックの指導方法
14:45〜17:00(テニスコート)
 
講師:右近憲三(神戸松蔭女子学院大学、ユニバーシアード総監督)



2日目:12月3日(日)


(1)ラケットセンサーの精度と現場での活用法について
9:20〜10:35(N号館 N201講義室)
 
講師:岩嶋孝夫(東京都市大学 准教授)
 
(2)創造性のあるプレーヤーを育てるコーチングとは?―ジュニア期の効果的なスキル指導法―」
10:45〜12:30(N号館 N201講義室)
 
講師:梅林薫(大阪体育大学 教授、日本コーチング学会理事)
講習資料(発表スライド):ダウンロードする
講習資料(グループディスカッション資料):ダウンロードする
ランチョンセミナー
「ジュニアテニス選手のパフォーマンスアップのための体力分析
12:45〜13:15(N号館 N201講義室)
講師:今西平(立教大学 助教)
 
(3)14歳からの育成環境で必要な指導について
13:45〜15:45(テニスコート、N号館N201講義室)
 
講師:宮地弘太郎(大阪体育大学 教授、日本テニス協会S級エリートコーチ)